ローバー隊 活動内容


ローバースカウトは、“自己研鑽と奉仕活動”を活動の主におき、自立した個で行動します。
もちろん一人ではできない活動もありますから、一人ないし少人数のアドホックなチームを作って実施する形が通常となります。

【近年の活動内容】
(奉仕活動)
・各隊奉仕
  日常、多くのローバー隊員が指導者として各隊に配属され、後輩の指導という奉仕をおこなっています。

・地区ローバー
 「愛知ローバース」という愛知県内のローバーの連絡組織があり、ときどき行事を立案実施しています。そこに積極的に参加するスカウトもいます。

・諸行事奉仕 
  団行事や名古屋市内で行われる名古屋まつり・名古屋シティマラソン・守山区民まつりなどといった地域行事・地区行事で、お手伝いを行っています。


(自主プログラム)
・レガッタ体験
  2010年10月「堀川400年祭 スポーツシティなごや 堀川ボートフェスティバル」(長いっ!)にて、北斗地区ローバース(自隊から3名参加)が4人乗りレガッタに参戦、未経験者の部において、全11チーム中1位の成績で優勝しました。おめでとう!
    
  

  

  

・カート体験
  レーシングカートに興味あるスカウトでカート体験をしました。
  

・裁判傍聴
  裁判員制度が始まる2年程前のことですが、裁判を理解しようと、法学を学んだスカウトが呼びかけて、傍聴をしてきました。


(団行事)
・発団30周年記念祝賀会
  食事時間を、各隊で料理の出店を作って出す形で、ローバー隊もコーナーをだしました。

・団キャンプ
  毎年1度全団挙げてキャンプを行いますが、2008年は発団30周年記念と謳い、例年より1日長い2泊3日。2日目の登山で、
  山中では携帯電話が使えないことから、隊員が麓にて無線連絡のサポートをしました。また3日目には近隣の温泉探訪しました。


(派遣)
・日韓スカウトフォーラム 日本と韓国のスカウトの交流行事。韓国へ派遣されました。


(その他)
・Bar
  とあるリーダーが「こんなのあるよ」と見せた写真…、それはキャンプ地のBarカウンター。
  これを気に入ったスカウトが居て、自分たちでもやろう、と。
  私たちの本拠地に程近い場所でのキャンプを企画して、のんべぇな大人を呼び寄せていました。
  Barを気に入ったというそいつはバーテンダーになってステア・シェイクしまくり。
  

・2〜3名程度で集まって何かすることは頻繁にやっています。


各隊の紹介へ戻る