101団の紹介


私たちは日本ボーイスカウト愛知連盟名古屋北斗地区名古屋第101団です。 


プロジェクト紹介
名古屋市守山区小幡学区/苗代学区/小幡北学区を中心に活動をしています。
(なかには、尾張旭や吉根から参加しているスカウトもいます)
小幡南に本部をおき、小幡緑地公園本園を中心に平均月2回の活動をしています。



プロジェクト紹介
日頃は、指導者手作りのプログラムを中心にハイキング・サイクリング・野外技術訓練、冬にはスキー訓練(ビーバー隊は雪遊び)、春・夏にはキャンプなどを楽しみながら、子ども達の健全な育成を目指しています。


プロジェクト紹介
名古屋第101団では、子どもの自立をめざします。
ビーバー隊(年長~小2)までは保護者の送迎を基本としていますが、カブ隊(小3~小5)になると、自転車(一部公共交通機関を許可)で集合します。
昨今、なんでも自動車での移動の社会風習の中、子どもたちに社会マナーを学ぶ場、自立を目指す場として我が団のプログラムは一般交通機関の利用を基本としています。


プロジェクト紹介
小さなキャンプから始まったボーイスカウト運動…
100年の歴史をもち世界216の地域と国に仲間がいます、ボーイスカウトのめざすものは世界の平和
詳しくは公益財団法人ボーイスカウト日本連盟のホームページ
     一般社団法人日本ボーイスカウト愛知連盟のホームページ
     日本ボーイスカウト愛知連盟名古屋北斗地区のホームページ



プロジェクト紹介









名古屋第101団のホームページにご来場いただきましてありがとうございます。

名古屋第101団は1978年に名古屋第26団から分封により発団し、2018年に40周年を迎えることができました。

主な活動場所は、名古屋市の北東部の守山区の小幡緑地公園を中心に自然と触れ合う機会を大切にした活動をしています。

現在の団の構成(令和67日現在)は、

隊  指導者数  スカウト数    計   備      考 
 ビーバー隊  6  7  13  指導者RS2名含む。
 カブ隊  12  14  25  指導者RS2名含む。
 ボーイ隊  4  11  15  
 ベンチャー隊  3  11  14  
 ローバー隊  3  14  17  
 インストラクター  2  -  2  
 小計  30  59  88  隊指導・団委員重複除く83
 団委員  11  -  11  
合 計  35  59  94  

これまでの諸先輩から受け継いた団の指針である「すべてのスカウトの成長を団に所属するすべて指導者、ご父兄で支えていく。」と言う団の構成員で一つの家族を形成しているという「団家族」の名のもとに、アットホームな団運営を行い、名古屋北斗地区では、構成員が一番多い団とすることが出来ています。

ボーイスカウト運動は、次の時代を担う青少年を野外活動等を通して、社会でリーダーシップが発揮できる大人に育て上げることだと思います。

名古屋第101団では、2008年、2009年、2012年に、スカウト活動の集大成で最高の栄誉である「ベンチャ-富士スカウト」3人を育てることが出来ました。

また、20142016年及び>2018年及び2019年には「隼スカウト」を各々1名を育てることができました。

ボーイスカウト運動はスカウトを成長させるために「進歩制度」と「班制度」の二つの仕掛けを用意しています。「進歩制度」は個人の課題の達成度合いによりバッジを与え、そのバッジをいくつ獲得したかを競わせるものです。また、「班制度」とは、自分が班長となった時に他の班と競い、如何にして優れた「班」にするかという「リーダーシップ」の発揮の仕方を学ぶものです。

この二つの制度によって、お預かりしたお子様を育てていくのですが、是非、実際の活動をご覧になり、体感していただきたいと思います。お子様と御父兄の来場をお待ちにしていますので、ぜひ、名古屋第101団の扉をたたいてください。よろしくお願いいたします。

                    名古屋第101団 団委員長 小坂 元信





トップページへ